塾にはいつから通えば良いか?②

query_builder 2022/09/17
ブログ

 「塾にはいつから通えば良いか?」という質問は実はなかなかの難問ですが、将来、お子さんがレベルの高い大学に進学することを望まれるのであれば、できるだけ早い段階でしかるべき塾に通われることをお勧めします。ここで重要なのは、“しかるべき塾”に通うということです。

 一般に知能の発育は、9~10歳頃までと言われています。つまり、小学校低学年のお子さんはまだまだ知能の伸びる余地があるということです。しかしながら、小学校低学年の文科省のカリキュラムは子供の知能を育むようには設計されていません。その結果、小学3~4年くらいまでは多くのお子さんが余裕をもってついて行けるのですが、小学校5年で“割合”を習うあたりから、多くのお子さんが余裕をなくすことになります。そして、中学・高校と進学するにつれて、理解度は下がり続けていくことになります。小学校低学年で塾に通うのであれば、“学校のカリキュラムやその延長線上だけ”を教える塾では、正直、もったいないと思います。学校のカリキュラムだけでなく、将来の学力に必要な“知能を育むノウハウを持った塾”に通うことをお勧めいたします。

 青木教育ラボに入塾されるお子さんの保護者の方から、「小学校までは成績が良かったのに中学に進学したら成績が下がった。」とか「中学までは良かったのに、高校になったら成績が下がった。」というお話をよく聞きますが、「小学校低学年のうちから青木教育ラボに通っていたら、結果は違っていたかも知れない。」と心のうちで思います。

 宇高生や宇女生に数学を教えていても、小学校の算数にまで遡ることは日常茶飯事です。つまり、栃木県でトップの高校に通う生徒でさえ、小学校の算数が良く理解できていないのです。そんな時、“たられば”になってしまうのですが、「この子たちが小学校低学年から青木教育ラボに通ってくれていたら、現在の学力はどうなっていただろう?」と考えずにはいられません。

NEW

  • 塾にはいつから通えば良いか?③

    query_builder 2022/09/21
  • 塾にはいつから通えば良いか?②

    query_builder 2022/09/17
  • 塾にはいつから通えば良いか?①

    query_builder 2022/09/07
  • 那須塩原で学習塾を開業して10周年。高校受験や大学受験で思う事、あれこれ㉓

    query_builder 2021/09/14
  • 那須塩原で学習塾を開業して10周年。高校受験や大学受験で思う事、あれこれ㉒

    query_builder 2021/09/06

CATEGORY

ARCHIVE