那須塩原で学習塾を開業して10周年。高校受験や大学受験で思う事、あれこれ⑧

query_builder 2021/06/29
ブログ

 先日体験授業を受けた、小学3年生のお子さんの入塾が決まりました。まだ小さいのに、80分の授業中、最初から最後まで集中して演習に取り組む姿は立派でした。今後の伸びに期待です。

 那須塩原で学習塾、青木教育ラボを開業した当初の狙いは、小学校低学年から大学受験までを通して教えることでした。なぜなら、小学校低学年の年齢は、まだ知能が発達段階にあり、この時期の過ごし方が、その後の伸びしろを大きく左右するからです。小学校低学年で伸びしろを大きくすれば、小学校高学年で多くのお子さんが苦労する“割合”の理解もスムーズです。その結果、中学・高校で学力の大輪の花が開く。という計画のはずでした。

 しかし、物事はなかなか思うようには進みません。青木教育ラボの外見がみすぼらしいということもあってか、初めから(小学校低学年から)ここへ通うお子さんは、残念ながら少ないのが実情です。多くの場合、有名塾を一通り転々として、それでも学力が伸びないため、駆け込み寺のようにここへおいでになります。ここへ入塾する頃には、知能の発達段階をとうに過ぎ、しかも、受験までに残された時間は僅かという状況です。そういうお子さんを見るたびに、「もっと早くからここへ通っていれば、状況は違っていただろう。」と思わざるをえません。

 小学校低学年の学習内容は易しく、多くのお子さんが理解するのに苦労することはありません。しかし、それに甘んじていると、知能が伸びる大事な時期を逸することになります。小学校低学年のカリキュラムは、義務教育の最低限度の学習内容であって、知能を伸ばすほどの中身はありません。時間的にも能力的にも余裕のある小学校低学年の時期に、知能に磨きをかけないのは、あまりにもったいなさ過ぎます。

 青木教育ラボでは、おおむね10歳くらいまでのお子さんには、生徒の状況を見ながら、知能開発のトレーニングを行っています。学校の学習内容だけでは養えない、深く、そして、根気強く考える力を、算数パズルなどで鍛えます。知能を高めて小学校高学年に進めば、多くのお子さんが苦労する“割合”の理解もスムーズになり、その後の中・高ギャップの段差も低く感じるはずです。

 青木教育ラボへ通うなら、小学校低学年からがお勧めです。


 

NEW

  • 那須塩原で学習塾を開業して10周年。高校受験や大学受験で思う事、あれこれ㉓

    query_builder 2021/09/14
  • 那須塩原で学習塾を開業して10周年。高校受験や大学受験で思う事、あれこれ㉒

    query_builder 2021/09/06
  • 那須塩原で学習塾を開業して10周年。高校受験や大学受験で思う事、あれこれ㉑

    query_builder 2021/08/24
  • 那須塩原で学習塾を開業して10周年。高校受験や大学受験で思う事、あれこれ⑳

    query_builder 2021/08/23
  • 那須塩原で学習塾を開業して10周年。高校受験や大学受験で思う事、あれこれ⑲

    query_builder 2021/08/04

CATEGORY

ARCHIVE